菅田将暉「さよならエレジー」歌詞の意味を考察!【20代女】

音楽


出典:https://rockinon.com/news/detail/172901

俳優の菅田将暉さんと山崎賢人さん!
プライベートでも仲が良いそうで、
テレビやラジオでも楽しく話している姿を目にします。

さよならエレジーとは?

2018年にリリースされた楽曲。
ドラマ「トドメの接吻」(山崎賢人さん主演)の
主題歌として作られました。

作詞作曲は石崎ひゅーいさん。
石崎ひゅーいさんと菅田将暉さんは
以前から交友があったそうです。


楽天最安値はこちら↓
さよならエレジー [ 菅田将暉 ]
価格:1018円(税込、送料無料) (2019/10/21時点)楽天で購入

本人のコメント

<菅田将暉さんコメント>
この曲は、石崎ひゅーいくんと一緒に相談しながら出来上がった曲なので、思い入れがとても強いです。
歌詞は、「まっすぐ伝える言葉」というよりは、ひゅーい君らしい、「どこか切ない言葉」になっています。
寂しくなったりだとか、人恋しくなったりだとか、一人になった時に聞きたくなるような、“寒さ”の中で聞きたくなる一曲です。

引用:https://natalie.mu/music/news/261986

さよならエレジーの歌詞を考察!

♪僕はいま 無口な空に
 吐き出した孤独という名の雲

 その雲が雨を降らせて
 虹が出る どうせ掴めないのに

 
主人公は孤独を感じています。
そして空までも無口に感じるほど、
主人公の心は冷たく冷え切っています。


「どうせ掴めないのに」という諦めと気だるげな言葉が
現代的な若者を描いているようです。


「孤独という名の雲が雨を降らせて虹が出る」。
印象的でおもしろい表現ですね。
つかみの部分からこの曲の世界観に引き込まれます!



♪はじめてのキスを繰り返して欲しくて

恋人に対する独占欲や、もっとこちらを見て欲しいという
切なさが伝わります。

菅田将暉さんのコメントの言葉を使えば、
人は”寒い”状態であればあるほど
恋人を独占したいと思ったり執着してしまう
ものではないでしょうか。



♪愛が僕に噛みついて 離さないと言うけれど
 さみしさのカタチは変わらないみたいだ


「愛が僕に噛みついて離さない」
とても印象的でおもしろい表現ですね。

恋人との愛はやさしく包み込まれるようなものではなく
噛みついて離さないと言う、
刺激的で少し痛みのある関係なのでしょう。

愛というものがあってうれしいはずだけど
なぜだか寂しさは変わらない。
ここでの寂しさには孤独、
という意味も入っているでしょう。

愛があっても昔と変わらず孤独を感じてしまう。
個人的にすごく共感した部分です。


♪舞い上がって行け いつか夜の向こう側
 うんざりするほど光れ君の歌



舞い上がって行けは君の歌に対して言っています。
恋人は主人公とは対照的に、華やかな人のようです。

「うんざりするほど」から
主人公はそれをあまり良くは思っていない。
嫉妬心や劣等感、依存心が邪魔をしてしまいます。
この少し投げやりな言葉がこの曲の雰囲気によく合っていて、
若者の恋愛、というかんじがします。



♪やさしさが濁った日々の
 憂鬱は満員電車みたいだ


ここから2番です。
主人公と恋人の間のやさしさは、
心地よいものではなく濁ってしまっているようです。

そんな日々の憂鬱は満員電車みたいに
逃げ場もなくただ揺られ続けているようだ、
そんなイメージでしょうか。


♪冷めたぬくもりを むやみに放り投げた

「冷めたぬくもり」から過去には
ぬくもりがあったのに今はもうない、という
二人の関係の変化がわかります。

「むやみに放り投げた」
このどんよりと曇った歌詞の中で
少しスカッとする部分ですね!
「むやみに」というまた投げやりな言葉が出てきます。
主人公はついに放り投げるという行動にでます。



♪僕が愛を信じても きっといなくなるんだろ?
 それならいらない 哀しすぎるから


とても切ない歌詞ですね。
僕が愛を信じてもあなたはいなくなってしまう。
哀しすぎるから、それなら最初からいらない。
シンプルに真っ直ぐ、そのままの意味ですね。


♪さようならさえも 上手く言えなそうだから
 手をふるかわりに 抱きしめてみたよ 


ついに”さようなら”を決意します。
しかし、恋人に対して独占欲や嫉妬心が
見え隠れする主人公ですから、
恋人に対して全く未練がない、という
わけではなさそうです。

本当の愛を求めて理性的に決意した別れ、
というところでしょう。

しかし手をふるかわりに抱きしめる、なんて
とても優しいですね。
ロマンチックで憧れてしまいます。



♪流れ星をみた 流れ星をみた
 願う僕の歌



流れ星とは、お願いをするものですよね。
永遠ではない儚いものですが、
ここでようやく希望の言葉が出てきます。

そして”君の歌”から”僕の歌”に変化しています。
ようやく自分の道を歩き始めたんですね。



♪そばにいるだけで 本当幸せだったな
 そばにいるだけで ただそれだけでさ



とても切ないですが、そのままの意味でしょう。
恋人のことが本当に大好きだったことが伝わります。
主人公にとって恋人は憧れの存在でもあったんですね。


♪愛が僕に噛みついて 離さないと言うけれど
 さみしさのカタチは変わらないみたいだ
 舞い上がって行け いつか夜の向こう側
 うんざりするほど光れ君の歌


 1番の繰り返しです。



♪もう傷つかないもう傷つけない
 光れ君の歌



お互いに傷つけ傷つけられてきたんですね。
もうそんなことはしない、
主人公は次のステップにいきました。
そしてこの「光れ君の歌」は
元恋人として、素直に応援しよう。
そんな前向きな気持ちです!

まとめ

いかがだったでしょうか。

キラキラと輝いている恋人と、それと対照的な主人公との
恋愛の最後の部分の曲でした。

若者の恋愛らしい、傷つけ傷つき合う切ない歌詞ですね。

私は歌詞に共感する部分がとても多く、
大好きな1曲です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました