結婚式の失敗談!トラウマ必至の後悔…

結婚式

一生に一度の晴れ舞台のはずなのに

こんにちは!にこです。

子供のころから憧れていた結婚式

なのに、結婚式が近づくにつれ
”結婚式やりたくない”
”結婚式やめたい、キャンセルしたい”


しかし、結婚式の1カ月前にはキャンセル料は100%に。

なんとか気持ちを切り替えて、いざ当日。
ところが会食で我慢の限界になり途中退席

なぜ、そんなことになってしまったのでしょうか?

ダイエットの失敗

はい、まずこれが大きいです。

BMI20と超健康体のわたし。

しかし、ドレスを着るには逞しい二の腕。
試着の際に撮ってもらった写真を見て、
二重あごにびっくり。

結婚式まで半年!まだ時間はある!

と、4万もする話題の漢方薬を買うも、
ダイエット失敗。

かろうじてのマイナス1kg

でも正直、1kg痩せたところで、見た目は変わりません。

こんな状態で結婚式したくない!

と、わたしの心の雲行きは怪しくなってくるのでした。

苦手だった夫の親戚の参加が決定。

学生結婚だったわたしは、結婚して2年後に挙式。
わたしの友達が極端に少なかったので、
親族のみの少人数結婚式でした。

具体的には
親・兄弟・祖父母のみの15名程度。

もともと親戚付き合いのおっくうだったわたしは、
夫の母方の親戚が苦手でした。

祖父母までだったら気楽でよかったのですが、
夫の母方の親戚が諸事情でおばも来ることに。

そこで一気にわたしの心の中は
なんで!!!来ないで!
とブルーになるのでした。

会食の配席がよりによって苦手な夫の親戚たちが正面だった

なんとか気持ちを切り替えて臨んだ結婚式。
前半は、まだ穏やかな空気が流れていました。

しかし、会食の席に行ってびっくり。

プランナーの方に
”関係の遠い人から近いところに配席する”
というマナーを教えてもらい、配席。

するとわたしの目の前は、
よりによって苦手な夫の母方の親戚だった
のです。

しかも、15名程度だったためテーブルは1つの長テーブル。
一番大好きな親兄弟の遠いこと遠いこと

しかもなぜか夫側の親戚の人数に合わせて配席されており、
わたし側の祖母の席だけ
仲間外れのようにはみ出てしまっている

そして家族でゆっくり会話できると思っていたのに
バイトのような女の子が何人もドリンクを持って立っている


一気にいままでのブルーな気持ちが溢れて、
ついに、涙が止まらなくなってしまいました


摂食障害、社交不安障害、不登校、うつ病を克服したばかりのわたしには人前がつらかった

23歳のわたしは、まだまだ思春期の頃の心の病気を
引きずっていました。

結婚式なので、当然だけど
みんな自分たちのために集まってくれている。
ほんとは興味ないんだろうなぁ退屈だろうなぁ。

(目の前にいるおばさん達の目が無視できなかった)


あぁ、自分はなんでこんな醜いんだろう。
こんなドレスなんて着たくない。
結婚式をするならもっと落ちついてからがよかった。



と、どんどんどんどんネガティブな方向に。
スパイラルに陥るのでした。


そしてわたしの涙は止まらず、みんなびっくり。
プランナーの方もびっくり。
そしてわたしは途中退席することとなったのです。

花嫁の手紙もカット

そんな状態で始まった会食。

その後は夫が準備していた
ビンゴやギターで盛り上げてくれたそう。


わたしの結婚式なのに
ずっと席を外しているわけにはいかないので、
最後の新郎のあいさつの時に席に戻ることに


わたしの目は泣いたので赤くパンパンに。
そしてもう最悪な気分の状況だったので
ずっと楽しみにしていた新婦の手紙も中止になりました。


両親にあげる花束とウェイトベアも
みんなの前であげるのではなく、
あとでひっそりと渡すことに。


こうして、小さいころからの憧れで100万円もかけた
わたしの最悪な結婚式は終わったのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました